Archive for the ‘日々の活動’ Category

腰越駅周辺の駐輪に係る課題解決への取組

2020-12-07

 腰越駅周辺には駐輪場がなく、駅近くの神戸川沿いに30台近くの自転車が放置されています。これまで私も借りられそうな場所があれば所有者に確認をしたり、周辺を回っておりますが駐輪場を設置するまでには至らずにいます。

 長い間、地域の課題の一つであり、これまで求めてきたところですが、改めて市の取り組み状況をお聞きする為、12月定例会で一般質問を行いました。

▽駐輪場設置に向けて、用地を待っていても中々進まず、今止められてしまっている場所から遠すぎてしまうと難しいです。しかし、細い道を自転車が通るため、道路に飛び出して危険なことがありましたので、そういった事情も踏まえて用地確保を進めてほしいと再度要望をいたしました。また、駐輪スペースの確保にあたっては、江ノ電の協力・連携を図ることも合わせて要望いたしました。
 ⇒市からは、江ノ島電鉄は、これまでも放置自転車対策に必要な土地の提供などの協力を求めてきたところであるが、同社所有の空地だけでなく鉄道軌道式を含め、提供可能な用地の依頼をし様々な可能性を探りながら連携を図り課題解決に向け、引き続き取り組んでいくとのご答弁をいただきました。

▽最近、特に駅近くの方々が困っているのが、警告札の散乱です。貼られた紙をその場で剥がされてしまうため、道路やフェンスの川側や川に捨てられていることが多いです。清掃する際には、かなりの枚数を拾いますが、川近くの枝に引っかかっていたりすると取れないので困ります。そのため、警告という意味での貼っているのに、その効果がほとんどなく、朝置いていて、帰りに警告札が貼られても、剥がして、また次の日乗ってくるという繰り返しになっています。
 ⇒市からは、ほぼ毎日監視員を派遣しているが改善されない状況に苦慮しており、今後は警告札の素材の見直しや、路面シートによる警告など、新たな方策を取り入れることで、改善に向けた取り組みを進めてまいりたい、とのご答弁をいただきました。

 そして、市長からは、腰越駅周辺の市道に自転車等が放置されている状況は、解決すべき長年の課題と認識している。駐輪されている方々への注意喚起を強化するとともに、民有地借り上げを含め、駐輪スペースに活用できる土地の情報収集を行い、江ノ島電鉄には市長からも協力をお願いしていく旨のご答弁をいただきました。

 今後の取組を注視するとともに引き続き、腰越駅周辺の駐輪に係る課題解決に向けて尽力してまいります。

地域の交流の場の充実に向けて

2020-12-06

 12月定例会の一般質問で行いました「地域の交流の場について」。大きな場所で大勢でというのだけでなく、近所でふらっと立ち寄れるような場所や参加することのハードルが低いもの、同世代で集まるだけでなく地域で多世代が交流できれば、顔の見える関係を作っていくことにも繋がっていきます。その人にあった繋がり方で過剰につながるだけではなく、参加しやすい形のものとか様々あってもよいので、そういったものを含め、地域の交流の場が広まっていければと考えています。

 現在、高齢者の交流の場については、以下の2つの事業が実施されてます。
 ・介護予防・生活支援サービス事業
  要支援1・2の認定を受けている人などが対象、市内で計7団体が活動中。
  住民ボランティアが実施主体となり、趣味活動等の自主的な通いの場を提供。

 ・近所の団らん助成事業(鎌倉市社会福祉協議会、財源は赤い羽根共同募金配分金)
  高齢者を中心とした活動で市内で5~6名程度が集うことができる場所等の確保が必要。
  実績は令和元年度11件、令和2年度7件(10月末現在)

 コロナ禍における市の対応や災害時の情報などがインターネットに多くあり、それらを取れずに悩んでいる方もいらっしゃいます。そこで近所の団らん助成事業において、腰越では高齢者に地元の大学生がスマホの使い方をお手伝いして教えるプチスマホの教室が開催される予定です。こうした地元のつながりが生まれるのも、交流の場があるからです。

 通いやすい場所無理のない地域にあわせた運営財源の確保など今後、身近で気軽に多世代でも交流できる場づくりの充実に向けて取り組んでまいります。

街から、河川からのごみの流入を防ぐ

2020-12-05

 海には河川を通じて流出する街からのごみが多くあります。かながわ海岸美化財団が実施した調査によると、『川から約7割やってくる』という結果もでており、海のごみの多くは川からきています。
 そのため海洋ごみの対策として、河川からの流入を止めることも重要と考えており、沿岸地域だけでなく社会全体の問題として取り組んでいくことが大切です。
 ポイ捨てをしないなど、一人ひとりが意識してなくしていくことは、もちろんですが、海洋ごみについて広域的な観点で河川の取組をしていくことを求めました。

 鎌倉市では国や県に対し、オランダのアムステルダム運河で行われているプラスチックの海洋流出を防ぐ泡のカーテン「バブルバリア」について紹介し、海へゴミが流れる前に、河川でごみを回収するシステムの必要性について要望をしているとのことで、また、河川上流域の自治体に対し、海洋ごみの問題解決に積極的に取り組むよう強く働きかけていきたいと市長からもご答弁をいただきました。

動画:バブル バリア(YouTube)

海水浴場のプラごみ削減への働きかけを

2020-12-04

 今年の夏は海水浴場の開設は断念することになりましたが、来年に向けてどうなるのかと考えていかなければなりません。もちろん、コロナがどうなっているのかという点が不安であり、見えない所ではありますが、夏は必ず来ます。

 プラごみゼロ宣言をした鎌倉市として、海岸での取り組みについても積極的に検討すべきと考えています。海の家の組合の方々のご理解ご協力が必要ではありますが、訪れる人たちにも鎌倉の海岸はしっかりと環境保全を考えて取り組んでいることを知ってもらい、みんなの海をみんなで守る取り組みに繋がればと思います。

 12月定例会の一般質問で海水浴場開設期間における海の家でのプラスチック容器の取り扱いについて質問をしたところ、プラスチック容器の使用がさらに削減されるように働きかけを行っていくとのご答弁をいただきました。
 由比ガ浜海水浴場では昨年からプラスチック製ストローの使用を止めるとともにリユース容器を使用し、材木座海水浴場でも来年からリユース容器の使用を始めるとのことです。
 プラスごみゼロを目指して、鎌倉市もしっかりと連携していくよう求めました。

漁業者が回収した海洋ごみについて

2020-12-03

 先日の一般質問でもお聞きしましたが、腰越漁業協同組合の漁業者の方々が、海洋ごみを課題と捉え、自分たちが漁をする時に網にかかったごみを回収する取り組みを昨年から行っていただいております。

 取り組み当初に漁師の方からご相談を受け、昨年6月定例会の一般質問の際に、海のごみは街の清掃ごみと同様に考え、回収(清掃)してきたごみを漁業者の負担で処理することにならないように、国の補助金を活用するなどして、連携して処理をするよう要望いたしました。

 その後、近隣の自治体で海中ごみの回収を行っている事例はない状況でしたが、昨年11月から鎌倉市が名越クリーンセンターに搬入する形でスタートをしていただくことになりました。

 腰越漁港内に海中ごみ専用のボックスを設置して、海中ごみのみを入れて、溜まってきたら市が回収して処理をする。無理をしての回収をお願いするわけではありませんが、腰越漁業協同組合の方々と鎌倉市が連携した海洋ごみの回収がさらに広がり、近隣にも広がっていくことを望みます。

◆名越クリーンセンターへの搬入状況
 ・令和元年11月29日:110kg
 ・令和2年1月6日:30kg
 ・令和2年6月9日:50kg

令和2年12月定例会開会

2020-12-02

 本日から12月定例会がスタートしました。会期は12月18日までを予定しています。
 ・令和2年(2020年)12月定例会のお知らせ
 ・一般質問の質問者と質問の要旨
 ・議案集(その1)
 ・議案集(その2)

縁むすびカードの店舗巡り

2020-11-30

 鎌倉応援買い物・飲食電子商品券「縁むすびカード」の発送が始まりました。

 先日、腰越の未登録のお店を中心に縁むすびカードの説明をしながらお伺いしました。地元の仲間と共にまわらせていただき、お店の人とお話をするのもスムーズにでき、とても有難く嬉しかったです。

 「登録したよ!」というお店、多少不安があるけど「まずはやってみないとね」というお店、登録することでお客様が増えてソーシャルディスタンスがとれなくなると困るので「今回は見送った」というお店など、お店によって様々でしたが、直接お話ができ反応を確認することができたことは、本当に良かったです。
 また、登録したお店でも実際は不安があるとの声もあり、カードの提示から決済までの流れがわかる動画があったら嬉しいとの話もありました。実際に配布されたらお店で使う時の流れを動画で撮れたらなと思っております。

 利用期間は、令和2年(2020年)12月15日(火)~令和3年(2021年)3月15日(月)まで。また、一度の決済で現金との併用、複数枚のカード利用が可能となっています。

生ごみ処理機「キエーロ」会

2020-11-28

 本日は地元で新たにキエーロを購入した方の家で、設置と説明会が行われました。
 設置したキエーロは屋外・消滅型のバクテリアdeキエーロ(土の上に置くタイプ)で、こちらに詳しく記載されておりますが、土の中にいる微生物の働きで生ごみを分解するもので特別な菌等は不要です。

設置して黒土を入れるだけで完成

 分解しやすい物は人が食べておいしく感じるものとのことで、調理して味が濃いものなどは微生物の大好物だそうです。逆にタケノコの皮やミカンの皮のように実を守るための皮は、分解はできるが時間がかかるとのことです。

 鎌倉市では、お住まいの方(住民登録されている方)で、生ごみ処理機を使用する一般家庭の方を対象に9割助成し、市販価格の1割程度で購入することができます。⇒ 生ごみ処理機購入費助成制度

一般質問の準備

2020-11-27

 12月定例会で一般質問を行う内容について、職員の方と打ち合わせ。今回は以下の内容を質問したいと思います。

・海岸と海洋ごみについて
 漁業者との連携による海洋ごみの処理体制の現状と取り組みの広がり
 河川からの流入を止めることの重要性
 かまくらプラごみゼロ宣言後の取り組み
 海の家でのプラスティック容器の取り扱い

・地域の交流の場について
 多世代の交流ができるような場
 地域の交流や高齢者の外出支援策

・腰越駅周辺の駐輪について
 駐輪スペースの確保
 警告札の散乱

12月定例会一般質問を行います

2020-11-25

 12月定例会の一般質問での発言通告書を提出しました。今回の以下の3項目について一般質問をいたします。

 ・海岸と海洋ごみについて
 ・地域の交流の場について
 ・腰越駅周辺の駐輪について


 また、本日開催された議会運営委員会において、一般質問の順番が決定し6番目となりました。

« Older Entries